【現役高専生が教える!】高専に入学するためにしておくといいこと

中学生へ

どうもこんにちは!管理人のアクアです。

さて今回は、高専に入学するためにやっておくと良いこと
紹介していきたいと思います!

以下が目次です。さっそく見ていきましょう。


1.数学は他の教科の3倍は力を入れる

Jan VašekによるPixabayからの画像

もし、あなたの苦手教科が数学なら高専には何か奇跡が起きない限り


絶対に受かることはないでしょう。


高専の入試では、数学の配点が最も高くなります。


真実!他の教科が100点満点のところ
数学だけ200点満点です(各校によります)。


なので、数学が苦手教科の方は他の教科の3倍は頑張らないといけません。


2.過去問を解きまくる

Jan VašekによるPixabayからの画像

これは、誰でもすると思います。


高専の試験は、他の公立校の問題の傾向とは違います。


ある友人の友人の話によると


その県の模試で上位だったのに、高専には受からなかったそうです。


他にも原因はあるのかもしれませんが、受からなかったのは事実です。


なので、過去問はしっかりやっておくと良いでしょう。


3.オープンキャンパス・高専祭には行く

Jan VašekによるPixabayからの画像

こういったイベントは、数少ない高専を表すイベントになります。


このイベントに行くことで高専を肌で感じ、
勉強のモチベーションにつなげてください。


また、自分とは合わないと感じることがあるかもしれません。


そしたら、別の学校を選べば良いです。


これは、あくまでもイベントですから。


4.各高専のホームページはしっかり見ておく

Jan VašekによるPixabayからの画像

自分が行きたい高専のホームページは見ておいてください。


学生は?先生は?学校は?普段は何をやっているのか。


大まかなことがわかります。


そして、調べた結果…


歓喜したり落胆したりするでしょう。


歓喜された方は、そのまま勉強へ。


落胆された方は別の学校にするか、
どうしても高専にこだわるのであれば他高専を調べてみると良いです。


高専毎にやってる内容が違ったりしますし、
ホームページで見るだけなら、いくらでも情報収集ができます。


それで、気に入ったところが見つかったら
即オープンキャンパス・高専祭に行ってください。


百聞は一見にしかず、です。


おまけ:青春は、しない!と覚悟を決める

NickyPeによるPixabayからの画像

これは、おまけですので流してください。


高専で、これは期待できるものではありません。


私は中学3年生の時に高専を決めました。


と、同時に青春を捨てました。


高専で青春は、できないと思った方が楽ですし、実際できません。


ほんの一握りだけ、幸せを勝ち取る者がいますが
大抵は、そんな音沙汰もなく5年間を過ごすことになるでしょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、高専に入学するためにしておくといいこと、でした。

高専は少し特殊な場所なので、
高専を志望する方も何回も考えていただけると良いと思います。

当ブログでは質問も受け付けていますので
お問い合わせいただければ答えていきたいと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました