【簿記3級】知っておくべき!たった2週間でだれでも合格できる勉強法

勉強



どうもこんにちは!
管理人のアクアです。



今回は、17歳/男で工業系の学校に通っている私でも簿記3級に2週間で合格できた勉強法を紹介していきます。

これが私の簿記3級を取得した証です。
名前が非表示なので、信頼が薄いかもしれませんがそれを承知の上で掲載しております。

そもそも簿記3級ってなに?

ElisaRivaによるPixabayからの画像



ひとまず、簿記を知らない人がいると思うので紹介しておきます。
知っているかたは、すっ飛ばしてください。

簿記とは




いろんな言い方があるのですが、とても簡単に言えばお金やもの(商品など)の出入りを記録することを簿記と言います。
簿記の種類はいくつかあり、商業簿記、工業簿記、銀行簿記、農業簿記などがあります。



簿記検定で出題されるのは、主に商業簿記と工業簿記で、3級では商業簿記が出題範囲になっています。

メリットは?




せっかく簿記3級を取ったのにメリットがなければやっていけませんよね。
しかもお金も結構かかりますし・・・(合格するまでに5,000円ぐらいかかると思います)。



ということで、以下が簿記3級を取得できた場合の3つのメリットになります。

就職や進学に有利になる




進学や就職のときは、ライバルがいるわけですから少しでも加点があれば...と思いますよね。
そんなときにあなたが簿記3級を持っていると、合格率や採用率があがるわけです。
たった5,000円をかければいいのですからコスパ最強ですよね!



ただ、簿記3級では足りないということもあるので、簿記2,1級もこれを機に見すえておくといいと思います。

お金の流れを簡単に読めるようになる



たとえば、新聞などでよく見る「たくさん数字が書いてある表(損益通算書や貸借対照表など)」を読めるようになります
これを読めるようになると、その会社の状況がわかるので株式投資などに役立ちます。

税理士・公認会計士を取得するための基礎となる




税理士・公認会計士は、簿記の上位互換と言われています。
なので簿記3級を取得し、簿記2,1級とあがっていけば税理士・公認会計士を取得する近道になっていくことでしょう。


簿記3級は簡単!

Shingo_NoによるPixabayからの画像



簿記3級って難しいイメージがあると思いますが、そんなことはありません。



私は、工業系の学校に通っている17歳の男です。
そんな私は、未来屋書店で『簿記の参考書』をみるまでは、「簿記って、商業系のひとたちが取ってる資格だよね?」ぐらいにしか思っていませんでした



そのときは、素通りしたつもりだったのですが、家に帰ってから気がつきました。
簿記の参考書も一緒に買っていたことを...しかも2冊...
会計のときになんか高いな~って思ったんですよね笑



それで慌てて次の試験日を確認しました。
「2ヶ月後...」
まだまだ時間はある!
そして、とりあえず簿記3級の申し込みだけをして、大好きなゲームをすることにしました。



1ヶ月半後、話の流れからわかるように、私は何もやっていなかったのです。
唯一、やったことと言えばページをパラパラっとめくったぐらいです(速読術、学んでおけばよかった)。



その後の2週間は、ごはんを食べず寝る間もおしみ、大好きなYouTubeもAmazonprimeでアニメも見られずに、ようやく簿記3級に受かった、わけではありません。



ごはんは食べましたし睡眠もいつも通り8時間とり、YouTubeもAmazonprimeもめちゃくちゃ見ました笑。
それでも簿記3級の試験には合格することができました。



それができたのは、試験勉強の計画を自分ができる範囲でたて、それをしっかり守って行ったからです。
たったこれだけです。
ちょっとだけ我慢することはありましたが笑



「1日5時間勉強するぞー」
という目標を、毎日ゲームをしている人が立てたとしてもそれを達成することはできず、途中で諦めてしまい結局は、不合格になることが目に見えてわかります。



もし不合格になってもいいならいいと思いますが、お金が無駄になってしまいます。
「これも経験だ」
とか言う人なら別に構わないですが、お金は帰ってきません。



そうならないために私がこれから簿記3級を2週間で合格するまでの勉強法を紹介していこうと思います。
1日の勉強時間は、最高でも2~3時間ぐらいで大丈夫です。
全員に当てはまるわけではないとおもいますが「簿記3級に受かった1つの勉強法」として参考にしていただけると幸いです。


必要なもの

Gerd AltmannによるPixabayからの画像




まず、簿記3級の試験を合格するために使った4つのアイテムを紹介していこうと思います。



このテキストを選んだ理由は、以下の5つです。


  1. これがあれば合格できる
  2. イラストが多いのでわかりやすい
  3. 余白が多いのでメモをしやすい
  4. 計算がしやすいように数が普通よりも小さく設定されている
  5. 索引があるので調べやすい
  6. 値段が1番安い(高専イチナビblog調べ)




1番最初に「これがあれば合格できる」とあるのは、このテキストには講義と問題集、さらにチェックテストという本番さながらの試験問題もついています。
なので最悪、この1冊あれば試験には合格できると思います。
もし不安な場合は、次に紹介するものもセットであると合格率は格段にあがるとおもいます。



ただ、このテキストには1つデメリットがあり、それは最後の方のページの順番がバラバラなことです。
印刷ミスだと思いましたが、すべてのテキストがそうなっていたので、おそらく印刷の仕様上の話なだと思います。
まあ、ページの順番が違っているのは、さほど重要な場所ではないので問題はないと思います。



次にこの予想問題集を選んだ理由です。



  1. 先ほどのテキストと連携している
  2. 先ほどのテキストだけでは不安だったから
  3. 値段が1番安い(高専イチナビblog調べ)




先ほども言いましたが、1つ目に紹介したテキストだけでも合格することは不可能ではないのです。
ですが私は、これもあるといいと思います。



予想問題集を解くことによって、問題の傾向をつかむことができたので対策がしやすかったですし、時間配分もシミュレーションできたので本番では、余裕で終わらせることができました。
もし、不安なら予想問題集も買うといいと思います。

私が使ったのは、テキストと予想問題集、そしてノート電卓です。
ノートでなくてもなにか書けるものであれば何でも大丈夫です。



計算量がとても多いので、電卓があると便利でしょう。
電卓は、計算できればなんでもいいのであなたが持っている物でも構いません。
ただ、おすすめとして紹介しておく電卓があれば、唯一『日本電卓技能検定協会』が推奨している電卓
がこちらです。


この電卓は、なかなか高いですが今後も使用していくなら初期投資だと思ってみれば安いのではないかと思います。(私は、頑張って買いました泣)
また、試験で使える電卓は限られていますが、こちらの電卓はその要件を全て満たしているのでとてもおすすめです。

誰でも2週間で合格できる勉強法

Jan SteinerによるPixabayからの画像



ということで紹介していくのですが、期間ごとにやることが違いますので、それぞれみていきたいと思います。

最初の1週間




この期間は、テキストノートを使います。



まず、テキストを読書感覚で読んでいきます。
じっくり読む必要はありません。
なんとなく「こういうのがあるんだー」ぐらいに捉えておいてください。



読み終わったら、このテキストの問題をさっそく解いてみます。
おそらくわからないことがほとんどだと思います。
ですが、解いてみてください。



わからない部分は、テキストをもう一度、見直して解いてください。
問題を解くことによって、知識は定着していきますので、これを2~3回くり返してください。



おそらく、テキストの問題を解きおわった頃には1週間が経っていると思います。


最後の1週間




ここでは、予想問題集を使っていきます。
この予想問題集には、答案用紙をダウンロードして印刷できるようになっているので、活用するといいでしょう。



予想問題集は、全部で9回分あるので、これを最後の1週間ですべて解きます。
最初の1~3回の試験は、60分間で完了させることと自分なりの時間配分を考えることを目標にして取り組んでみてください。
点数は、あとから上げていきます。



60分は意外と短いので、テンポよく解いていかないと時間が足りなくなってしまいます。
あと、問題によって難易度が違うので、その問題ごとに時間配分をきめておくとあとからとても楽になります。



そうして、以上のことができるようになってきたら4回目以降は、点数を上げていきます。
合格ラインは、70点以上なので80点ぐらいを狙っていきます。
ここまできたら、あとは回数を重ねるのみです。
1回60分でできるので1日に2~3回程度できるのではないでしょうか。

まとめ



簿記3級は、とてもコスパのいい資格です。
たった5,000円で合格率や採用率が上がることがあります。
不合格や不採用で後悔するよりも、樋口さんを出して笑顔になれた方がいいと思います。



ということで、『たった2週間で誰でも合格できる勉強法』を紹介しましたが、これはあくまで「簿記3級に合格できた1つの勉強法」ですので、あなたに合わない場合は、他の勉強法を試してみるとあなたにとって、とてもいいことだと思います



それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。
あなたが簿記3級を取得できるように、わたしはささやかながら応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました