ようやく見つけた!『高専のトリセツ』【アルバイト編】

未分類

どうもこんにちは!
わたしは、ド田舎出身の高専3年生です。


さて、今回は!


「高専でアルバイトって、ありなの~?なしなの~?」


という疑問に答えていこうと思います。


結論から言うと、高専でアルバイトをすることはできます!


高専でアルバイトするには、学校に許可を取る必要があるのですが、実際に許可を取っている人はほとんどおらず、先生方もアルバイトについては黙認していることが多いです。


高専でアルバイトできることがわかったところで、アルバイトするにあたってのアドバイスや注意点を挙げていこうと思います。

長期休みのアルバイトがオススメ!



「できれば週4~5以上でバイトに入りたいなー」
そう考えている方は、実際にやってみるとわかりますが、地獄を見ることになります。


なぜなら、高専の授業がそもそも疲れるからです。


授業は、90分×3~4コマ(270~360分)と高校の授業時間よりは短いですが、1コマの授業時間が長いので、とても疲労が残ります。


またレポート、と呼ばれるとても大変な課題がたまに出されるので、これによっても疲労がたまることになります。


実際に週5でアルバイトをいれている友達がいますが、とても大変そうです。
多く入る分お金はたくさん入ってきますが、その分疲労がたまることになります。


なのでオススメは、長期休みのアルバイトです。


高専では、長期休みに課題が出るのですが、普通の高校と比べるとはるかに少ない量で、3日から1週間で終えることができます。


また、高専の長期休みはとても長く(冬休みをのぞく)、夏休みは1ヶ月半~2ヶ月あります。


この2つの理由から、長期休みのアルバイトをオススメします。
それに、休みが長すぎて暇になるときがあるのでそのためにもバイトをいれておくといいです。

どんなアルバイトしてるの?



あなたがアルバイトを始める、ということになったときに「何しよう?」ということになるのではないでしょうか?


そんなときにあなたの高専の先輩方はどんなアルバイトをしてきたのか、今回は5つ紹介していこうと思います。

飲食店



焼き肉屋、ラーメン屋、カフェなど。
あなたの好きな食べ物のお店で働くのはどうでしょうか?


高専生のなかでも主に1~3年生の低学年は、飲食店で働いています。
飲食店ならどこにでもありますし高校生可(年齢的には高校生のため)なところが多いので、おすすめです。


接客をする場合は、コミュニケーション能力を鍛えることができるのでいいですね。
また、まかないが出るところもあるので収入のついでにうまい飯を狙うのもありです。


ただ、洗い物などで油などの汚いものが体に飛んでしまうと、肌が荒れてしまうようなので肌が弱い人にはオススメできません。(先輩談)

コンビニ・スーパー



コンビニ・スーパーを使ったことがない人はいないでしょう。
コンビニ・スーパーは、単純作業が好きな人にはオススメです。


飲食店と同じようにコンビニ・スーパーはどこにでもありますし、高校生可なところが多いのでオススメです。


また、コンビニ・スーパーは慣れるまでがとても大変ですが、慣れててしまえば簡単ですし、A店のコンビニをやめてB店のコンビニで働くことになっても業務内容はあまり変わらないので、コンビニ・スーパーならどこでも対応できるようになります


おまけで、コンビニ・スーパーには、性別、年齢、業種、・・・さまざまな人が来るのでそんな人たちの人間観察ができるのもおもしろいです。

引っ越し



引っ越しのアルバイトは長期休みにすることをオススメします。


3~4月は繁忙期と言って、一番仕事が入る時期ですがそれ以外の時期も仕事はあるので、なかなか稼げるようです。(同級生より)


また、日払いで給料がもらえるのですぐお金が欲しい人にオススメです。


引っ越しの仕事は力仕事だけでなく、荷物の梱包などの女子でもできるような仕事があるのでぜひ調べてみてください。


余談ですが、私の友人(男)は引っ越しアルバイトを始めてから筋肉に膨らみが出てきたそうです。

塾講師



人に勉強を教えるのは得意ですか?
そんなあなたには、塾講師をオススメします。


塾講師は、4,5年生の高学年がやっています。
塾講師は、時給がとても高いのでお金に本当に困っている人は、検討してみてください。


塾講師は、小・中・高生に対して勉強を教えることになりますが、塾でその小・中・高生がある課題に対して「何を言っているかわからない」という内容をわかりやすくかみ砕いて説明する必要が出てきます。


内容をわかりやすくかみ砕いて説明することはとても難しいことです。
しかし、それができるようになれば物事を人にわかりやすく説明する力が身につき、高専を卒業し他の会社に就職したあとも、日常的な会話でも塾で身につけた説明力は、とても役に立ちます

クラウドソーシング



お金は欲しいけど、家からは出たくないし好きなときに稼ぎたい人、いませんか?
そんなあなたはクラウドソーシングがオススメです。


クラウドソーシングとは

クラウドソーシングは狭義では、不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。広義では、必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストーリーマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。

Wikipedia| クラウドソーシング – Wikipediaより抜粋

つまりはインターネット上で仕事を探してその仕事をこなすと報酬がもらえるのです。
在宅ワークみたいなものです。


これをやっている人はあまりいませんが、うまくいくと普通のバイトよりもはるかに稼げます。
18歳未満ならココナラ、18歳以上ならクラウドワークスランサーズあたりで、自分に合った仕事を見つけてみてください。

寮生のアルバイトってどうするの?



もちろん、寮生でもアルバイトをすることはできるのですが、1つ「門限」という問題があります。


門限は、各学校によって違うようですが早いところだと20時遅いところだと23時みたいなので、夜遅くまで働くことは難しい人がいるかもしれません。


ですが高専の授業は15時~16時までに終わるので、部活をしていなければ最低でも3時間程度なら働くことは可能です。
実際に、私の学生寮ではそういう人たちが15人ほどいます。


このように平日・休日にアルバイトをしてもよいのですが、もし暇なときにアルバイトをしたい人は長期休みに家に帰って地元で働くことをオススメします。


業種によっては、「長期休みだけ」「短期だけ」でもOK!みたいなところがあるので、そのようなバイトを狙っていくといいです。

アルバイトをするときの注意点



もしあなたがアルバイトをしたいと考えているなら次に紹介する3つの注意点を見てからにしてみてください。

学校に許可を取ること




さきほど、学校に許可を取っている人はあまりいないと書きましたが、許可は取っておいた方がいいです。


もし許可を取らずに無断でアルバイトをしていることが学校にバレると、停学や最悪の場合退学になる恐れがあります


なので、もしものことを考えて許可を取っておいてください。
もし、許可を取らない場合は、バレないようにだけ注意です。

親に許可を取ること




もし、学校に許可を取らない場合でも必ず親には許可を取るようにしてください。
もしあなたの親が、あなたがアルバイトをしていることを知らないと大変なことが起こります。


あなたは、未成年だと思うのでなにかあったときの対応はあなたとあなたの親も関わることになります


そんなときに、あなたの親が、あなたがアルバイトをしていることを把握していないと対応が遅れることになります。


また、アルバイトをするとお金をもらうことができますが、ある一定の金額を受け取ると税金がかかることになります
これについては、いい記事があったので紹介しておきます。


みんなの疑問!高校生のアルバイトでも税金はかかる? | アオハル (ao-haru.jp)


また、税金のことについてはFP技能士の勉強をするとよくわかるようになります。
1~3級までありますが、3級の勉強をするだけで一通りのことはわかるようになるので、わたしのおすすめの参考書を紹介しておきます。

あなたのできる範囲ではたらくこと



よくお金に目がくらんで、バイトをたくさんしている人がいます。


ですが、そんなことをする前にまずは、あなたのポテンシャルをあなたが理解しておいてください


あなたがもし、アルバイトを週5日以上や2つ以上の掛け持ちをしてもいつも通りの生活ができるのであればいいのですが、もしできないのであればやめておいた方がいいです。


週5日以上や2つ以上の掛け持ちは、体が持ちませんし、学業に支障をきたすことになります。
実際にわたしのある友人はアルバイトを始めてから成績はいつも最下位付近にいますし、ある先輩は学校に行くことが減っていっています。


なかには、バイトをしていても成績を上位でキープしている人もいますが、その人たちは自分のポテンシャルをわかっているので、できているのです。


成績不良なことが悪いことではありませんが、あなたは学生ですのでもし仕事に生きがいをおぼえたならすぐさま学校をやめて、働いた方が身のためです。(高専を中退して成功している人もいるので)

まとめ



ということでまとめです。

  1. 高専でアルバイトをすることはできる
  2. 高専でアルバイトをするには許可をとる必要があるが、実際にとっている人はいない
  3. 長期休みのアルバイトがオススメ!
  4. 高専生のアルバイトは飲食店、コンビニ・スーパー、引っ越し、塾講師、クラウドソーシングがオススメ!
  5. 寮生は、門限に気をつけること
  6. アルバイトをする際は、学校と親に許可を取ること、あなたのできる範囲ですること


お金が欲しいのはわかりますが、本当に欲しいものがなんなのか、何が大事なのかをよく考えてアルバイトをするようにしてください。


それでは!あなたの生活がよりよいものになることを願いながら終わりにしたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました