【数学嫌いのお子さんにも】わたしの数学嫌いは、ある2冊の本によって解決した

勉強

「sin,cos,tanってなに?」「微分積分って何をしているの?」


なんで数学ってあるの?


そんなあなたに見てほしい本があります。


どうもこんにちは!
ド田舎出身のド田舎高専生、管理人のアクアです。

数学の必要性



現代社会において、数学と関わらないということは、ほぼ不可能です。


たとえばあなたが今、手に持っているスマホやiPad、PCなどは、すべて数学の力によって作られています。


また、最近は自動車などの自動運転技術が発達してきていますが、そこで使われているAIも数学のおかげなのです。


ですが、学校の授業ではそんなことを教えてくれません。
ちなみにわたしがこれらを知ったのは、16歳の頃でした。遅いですね。

数学好きから嫌いになって、また好きになった




そんなことも教えてくれないので、生徒のやる気はドンドン落ちていきます。
そうして生徒は「なんで数学やってるんだろう」と疑問を持つようになります。


そこで中学生のわたしは数学の先生にある質問をしました。


「なんで数学ってあるんですか?」


すると...


「数学的思考を身につけるためです。」


数学的思考って何なのでしょうか?
おそらくとても重要なことというのは、13歳のすっからかんな頭脳でもわかりました。


でも本質的な部分はまるで理解できません。
ですが、大事なことというのはとてもよくわかったので、とりあえず数学だけはしっかりやってました。


中学生の頃の数学の評定は、5段階評価中「5」以外は、取ったことがありませんでした。
そして、数学をやりまくった結果「1番好きな教科」になっていました。


なので、進学先は数学が強い「高専」に進むことにしました。


そして、わたしは16歳の頃、数学嫌いになりました。
もともと数学が好きだから高専に入ったのに、高専に来たおかげで数学はとても嫌いになりました。


高専とは、中学を卒業すると入学することができる5年生の学校です。
そんな高専は、理数系を得意とする学生達が多く入学し、そこで普通の高校生では習わないような数学の勉強をたくさんしていきます。


数学好きだったわたしはいつの間にか授業についていけなくなりました。
と、同時に数学嫌いになってしまいました。


ですが、あるときわたしの友人から教えてもらった本がきっかけでわたしはもう1度数学好きに戻れることができました
そして、前よりももっと理解して数学を勉強することができるようになりました



そんな本をあなたに2冊紹介します。


数学ガールシリーズ


1つ目は、『数学ガールシリーズ』です。


数学ガールシリーズは、数学が得意な高校2年生の「僕」と「ミルカさん」が数学を苦手としてる高校1年生の「テトラ」と中学2年生の「ユーリ」からの数学に関わるあらゆる疑問について丁寧に解説していく、数学を題材にした小説です。


数学の疑問について「僕」と「ミルカさん」が説明していく課程では、「なぜ?なぜ?なぜ?...」と「テトラ」と「ユーリ」が突きつめていってくれますし、わかりやすいように図もたくさん載っているので、本当に数学を苦手としている人でも、理解しやすい構成となっています。


とりあえず、数学嫌いな人はこれ呼んでおけば、学校の先生が言っている意味不明なことを理解できるようになるはずです。
そして、難しくてつまらなかった数学が、実はシンプルでおもしろいことに気づくことになります。


なぜ、そんなことができるのかというと、それはもちろん著者の結城浩さんがとても優秀だからなんです
この結城浩さんですが、実はこの数学ガールシリーズで2014年に日本数学会賞出版賞を受賞されています。


日本数学会賞出版賞とは、出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた個人・団体に与えられる。2005年に新設された賞である。(Wikipediaより)


そんな方が書かれた数学ガールは、今では累計52万部を突破して、これまで多くの数学難民を助けてきました。(『数学ガール』シリーズhttps://www.hyuki.com/girl/ より)


さあ、あなたもわたしと一緒におもしろい数学の世界に飛び込んでみませんか?

数学を学ぶまえに読んでほしい!





中学生にオススメ!





高校生にオススメ!





文系編集者がわかるまで書き直した世界一美しい数式「eiπ=-1」を証明する

2つ目は、『文系編集者がわかるまで書き直した世界一美しい数式「eiπ=-1」を証明する』です。


この本を友人に紹介されたときに、「この式のどこが美しいんだ?」と素直に思ってしまいました。


今までたくさんの数学の勉強をしてきましたので、「e」「i」「π」「-1」というものを知っていましたが、言ってしまえばこれらを組み合わせただけの式、それのどこが美しいのでしょうか?


そんなふうに読むまえまでは思っていました。
ですが、いざ読んでみるとその式の美しさがとてもよくわかってきました



この本の構成は1~5章となっており1~4章で、「eiπ(イーのアイパイじょう)=-1」を証明するために必要な手順を文系(国語や社会などを得意とする人)の方でも理解できるように書かれています。


もしかすると小学生でも理解することができるかもしれません。
それくらいわかりやすく書かれています。



そして5章では1~4章で学んだことを当てはめていくことによって証明がされていきます。
その課程で、 「eiπ(イーのアイパイじょう)=-1」 がどれほど美しいのか知ることになります。


この本を読めば、数学の面白さを知ることが出来るうえに、普段のおもしろくない数学の授業は、とたんにおもしろく感じてきます。


さて、あなたは数学の授業と美しい数学の本、どちらを選びますか?


まとめ

数学が苦手な方や嫌いな方は、本当の数学の姿を見たことがないのでしょう。
もし見たことがない人は、今回紹介した2冊の本を見てみてください。


最初はどれも難しそうかもしれませんが、だんだんと著者が何を言いたいのか理解できるようになってきます。そもそもそのように書かれています。


なので、まずは読んでみてください。


読んでわからなかったら、わたしに責任があります。
ですが、絶対にあなたは理解することができます。


なぜなら、これまでは理解できなかったのではなく、理解しようとしてこなかったのではないでしょうか?
そんなあなたなら、今回の2冊を絶対に理解できるとわたしは確信しています。



それでは、あなたの数学嫌いが治ることを祈りながら終わりにしたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

日々の暮らしをちょっとリッチにしたい方へ


最後は全く関係ない、アンケートアプリについて紹介していきます。
ただいまわたしは、「マクロミル」というアンケートアプリで、お小遣いを稼いでいます。


今までの半年間で約5,000円以上を稼いできて、もうすぐ6,000円に届きそうです。


少ないですって?いえいえ、そんなことはありません。


もし、あなたがラーメン屋さんに行ったとしましょう。
そこで、いつもは800円の味噌ラーメンを頼んでいました。
でも、本当は1,000円の特製味噌ラーメンを食べたい
たまに食べることはあるけど、いつもは渋ってやっぱり800円の味噌ラーメンを頼んでしまう。


そこで「マクロミル」の出番です。
「マクロミル」で稼いだお金200円を使えば、1,000円の特製味噌ラーメンを実質的には800円で食べることができてしまうわけです。


これが、生活をちょっとリッチにしてくれる「マクロミル」の力です。
もし、興味が湧いたかたは下記のURLからぜひ調べてみてください。

マクロミルアンケートモニタ

200万人が参加のアンケートサイト!
楽しく!簡単に!ポイントが貯まる!
貯めたポイントはお小遣いに♪

☆。,・==・,。★。,・==・,。☆

まずは無料会員登録しよう♪

▼ ▼ ▼

登録が完了したら、アンケートが届くよ!
アンケートに答えるだけで
どんどんポイントが貯まっちゃいます!
▼ ▼ ▼

○貯めたポイントを交換しよう

貯めたポイントは
現金や商品、ギフト券に交換できちゃうよ♪

【現金】
1P=1円、500Pから換金できちゃう
しかも各金融機関への振込み手数料は
無料!

【提携プログラムのポイント】
Tポイント、Gポイント、Pexポイント

【ギフト券】
Amazonギフト券

>さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう☆<

それではさようなら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました