【鬼畜】高専の夏休みの宿題がすくない理由

高専のトリセツ


どうもこんにちは!
ド田舎出身のド田舎高専生、管理人のアクアです。


高専の夏休みの課題は、ふつうの高校と比べても明らかに少ないです。
たとえば、高校では各教科にプリントやテキスト、読書感想文や税の作文など...
これでは、夏休むことができないですね。


それに比べると高専では、出ても「税の作文」ぐらいです。


たまにテキストを渡されることがありますが、その中の数ページだけやればいいことがほとんどなので、やはり高専の夏休みの宿題はすくないです。


ですが、これにはある理由があります。

宿題が少ない理由


なぜ、高専の夏休みの宿題はすくないのか?
それは、「ある一定期間におわさないといけない課題が既に出ているから」です。


たとえば、わたしの学校では4~9月までが前期と呼ばれるのですが、その期間にやらなければいけない課題は既に4月に出されているということになります。


なので、実質的にはそれが夏休みの宿題と呼べるでしょう。
ただ、課題に費やせる期間が半年もあるので、夏休みに入るまえに終わっている人が仲にはいます。
そんなひとは、本当に課題がなくなります。


では、その学期ごとの課題ってどんなものが出るのでしょうか?

頑張らないと終わらない課題


課題にはいくつかの種類がありますが、どの課題に対しても言えることが1つあります。
それは「頑張らないと終わらない」ということです。


さすがに半年間もあるので、先生方はそれなりの課題を出してきます。
難しいのもあれば、量が多いのもあります。



課題は、大きく分けて3つの種類に分かれています。
それぞれ見ていきましょう。

レポート


1つ目は、レポートです。


レポートというのは、報告書のことでその中身はさまざまです。
わたしの場合だと、プログラミングのコードについてのレポートが出ています。


本当にただの報告書を書くだけです。


どんなものを使ったのか
?どんなことをしたのか?その結果どうなったのか?その結果からあなたはどう考えましたか?などを書いていきます。


これが結構大変なんです。
文章は、客観的に論理的に書かなければいけません。
また、文末は「常体(だ・である)」にしないとけないとか、いろいろあります。


さて、これがどのくらいの量かといいますとA4の用紙を10枚以上も必要とします。
たまに片手で収まるときもありますが、だいたいは10枚以上書きます。


世間から見たら、これは少ない方で多いと何十枚も書くようですから、まだいい方です。

製作


そして、2つ目は製作です。


これは、学科によって変わってきます。


機械科であれば、金属を使って模型を作ったりその模型を作るために製図を行ったりします。
また、建築科であれば自分がイメージしている家やその環境を模型で作っています



レポートと同様になかなか大変ですが、それ以上に楽しいです。
自分でイメージしたものが実際に形になって出てくるのはとても充実感があります。


卒業研究


最後の3つ目は、卒業研究です。


これは、5年生限定の課題ですね。


卒業研究は、内容を夏休みまえまでに決めて、研究スタートということになるので、そのまま夏休みの課題となります。


とはいっても夏休みの間に終えることができるほど簡単な研究ではないのですがね。


わたしの先輩だと夏休みなのに毎日のように学校に行っていましたね。
たまに会うと毎回、滝のような汗を垂らしながらわたしに笑顔を向けてくれた先輩を思い出します。

夏休み明けはすぐにテスト


以上のように、学期ごとの課題があるから夏休みの課題が少ないというのはあるのですが、もしかするとこれも理由の1つに入るのかもしれません。


実は、夏休み明けはすぐにテストが始まります。
もちろんですが、これは場所によります。


しかも期末テストなので、教科数は中間テストの方が多いです。
これが本当にキツい。



もしかすると、高校生のなかでも夏休み明けすぐにテストがある方もいると思いますので、その方よりはキツくないですが、それでもやはりキツいもんはキツいです。


まとめ


高専の夏休みの宿題は、以上のような理由ですくないわけです。
内容によっては、高校生よりもキツいかもしれません。


なので、もしこれから高専に行きたいと感じている人は、少し覚悟していた方がいいかもしれませんね。


というわけで、質問があればコメントしていただけると、しっかり答えていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。

もう少しお小遣いがほしい人、集合!


わたしは今、「マクロミル」というアンケートアプリでお小遣いを稼いでいます。
もちろん、未成年も使用することができます。


わたしは、これまで半年間やってきて5,000円以上を貯めることができました。
もう少しで6,000円にとどきそうです。


少ないと思いますか?
いいえ、そんなことはありません。
やってみればわかります。
「マクロミル」の偉大さが。


信じるか信じないかはあなた次第です。
さあ、あなたも「マクロミル」で幸せをつかみましょう!


▲マクロミルアンケートモニタ▼

200万人が参加のアンケートサイト!
楽しく!簡単に!ポイントが貯まる!
貯めたポイントはお小遣いに♪

☆。,・==・,。★。,・==・,。☆

まずは無料会員登録しよう♪
こちらをクリック▼ ▼ ▼

登録が完了したら、アンケートが届くよ!
アンケートに答えるだけでどんどん
ポイントが貯まっちゃいます!
▼ ▼ ▼

○貯めたポイントを交換しよう

貯めたポイントは
現金や商品、ギフト券に交換できちゃうよ♪

【現金】
1P=1円、500Pから換金できちゃう
しかも各金融機関への振込み手数料は
無料!

【提携プログラムのポイント】
Tポイント、Gポイント、Pexポイント

【ギフト券】
Amazonギフト券

>さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう☆<
こちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました