『おこづかいが少なくて満たされない』と思っているあなたへ【わたしは月2,000円でもチョー幸せです】

日常


どうもこんにちは!
ド田舎出身のド田舎高専生、管理人のアクアです。


さて今回は、おこづかいは月2,000円だけど工夫しているからチョー幸せな17歳男性の『お金がなくても幸せになれる方法』『本当にお金ってそんなに必要なの?』という世間の問題に対して17歳なりに考えてみたので、参考程度に見てもらえると嬉しいです。


また、今回の話は『おこづかいが少なくて満たされない』方向けです。
もちろん、生活をするうえでは家賃や食費、光熱費などがかかりますが、それについては考えません。
あくまでもおこづかいの話です。


それを踏まえたうえで先に進んでいただければと思います。

1年前までは『月2万円』使っても足りなかった


突然ですが、あなたが月に自由に使えるお金って、どのぐらいですか?
1,000円でしょうか?はたまた2万円でしょうか?


わたしは約1年前まで、月のおこづかいが『2万円』あっても足りなかった子でした。


友達とイオンに行って食べ歩きをしたりAmazonで衝動的に買いたくなったものをつい「ポチッ」としちゃったりして、あっという間におこづかいの2万円はふっとんでいきました。
今では、2万円あったら10ヶ月は過ごせるので、不思議です。


おこづかいをもらったときは、「貯金しておこう!」と思うのですが、いざ買い物に行くと「まあ、いっか!」となってしまい、結局お金を使い切ってしまいます。
それで、「お金ない~」とかいって、銀行からさらに使う分を引き出していました。


1回だけですが、親に「部活のお金だから」と嘘をついていたときもありました。(なんて子どもなのでしょうか)


そのくらい自制心が低かった。
まあ、今でも同じくらい低いんですけどね。


それでもわたしは変わりました。
自制心は、低いまんまですが月2,000円でもチョー幸せになれることができました。
どうやって、月2万円でも足りないやつが、月2,000円で幸せになれることができたのか?


ということで、本題に入っていきます。

本当にあなたはお金がないのか?


まず、「お金がない」と思っているあなたへ質問があります。


「本当にお金を持っていないのですか?」


何も考えずに答えたら、ほとんどの人は「はい」って答えると思うのですが、本当にそうなのでしょうか?
わたしからすれば、答えは「No!」一択です。


本当にあなたはお金を持っていないのでしょうか?
わたしは、「お金がない」というひとはだいたい以下のような人が多いと感じています。


  • 本当はいっぱいある
  • お金を使いすぎている

いったいどういうことなのか?
ひとつずつ見ていきましょう。

お金がないは「嘘」


まず『お金がないは「嘘」』です。


本来あなたには、たくさんのお金があります。
なのにお金がないと言っています。
どいうことなのか?


では、ここで質問です。
あなたは、過去1ヶ月間のお金について、何にどのくらい使ったか覚えているでしょうか?


まあ、覚えている方がすごいと思いますが、ほとんどの人は覚えていません。
そこで、次の1ヶ月間のお金の内訳をすべてメモしてみてください。
紙でもスマホのメモ機能でもかまいません。




すぐにやるのは無理なので、実際にわたしがやったときに感じたことを書いていきます。
するとすごいことがわかってきます。


「お金がない」と言っていたわりには、お金をとても無駄なものに使っていたことがわかりました。


Amazonで安くなってたワイヤレスイヤホンを買ってたり、ともだちと一緒に焼肉食べ放題に行ってたりしてました。


イヤホンなんてiPhoneについてるので十分だったし、焼肉食べ放題に行くのは悪くなさそうですがそのほかにも月に4回は外食をしていたので、「そりゃ、お金がなくなるよね」ということです。


そういうのを諸々のぞいていくと、なんと本当に必要な経費は1,000円もかかっていないことがわかりました。
ということは、本当は使わなくてもよかったお金が19,000円以上もあるということです。

お金を使いすぎなのでは?


ここで、わたしはようやく気づきました。


「わたしってメチャクチャお金を持ってるじゃん」


わたしは、ただお金を使いすぎていました。
きっとあなたも似たような経験があるのではないでしょうか?


自分の欲望のままお金を使い、そしていつのまにかお金がなくなっていた。


じゃあ、どうすればいいのか。
答えは、簡単です。


「お金を使いすぎなければいいのです。」


もちろん、これは簡単なことではありません。
まずは、あなたが何にどのくらいのお金を使っているのかを把握して、そこからいらないものを引いていかなければいけません。


とても大変ですが、そのときだけ苦労をすればあとからはとても楽しいものになります。

じゃあお金持ちになったら解決するのか?


とは言ったのですが、「じゃあ、お金持ちになれば解決するんじゃないの?」という疑問が浮かびます。


まあ、そもそもみんながお金持ちになれるかっていう問題にもなりますが、それは今回、さほど重要ではありません。
ただ、お金持ちになってもあなたが変わらなければ、結局「お金がなくて満たされない」という問題は解決することはありません。


「なんでそこらへんにいるまだ人生を17年しか過ごしていないのにわかるんだ?」と思われるかもしれませんが、その理由は次に書いておきます。


世の中には『パーキンソンの法則』という法則があります。

『パーキンソンの法則』の第二法則


『パーキンソンの法則』は、第一法則と第二法則からなり、そのうちの第二法則である「支出の額は、収入の額になるまで膨張する」というものがあります。


この第二法則より『なぜ、お金持ちになっても問題は解決しないのか?』ということがわかるはずです。


あなたがもし宝くじで6億円当てたとしましょう。
あなたは、「どうやって使おうかな」と妄想をふくらませて、計画を立てるはずです。
ですが、この中にこの6億円を完璧に使いこなせる人は、わたしも含めていないことでしょう。
おそらくほとんどの人が、使いすぎて破産します。


なぜなら、世の中には『パーキンソンの法則』があるからです。

月2,000円でチョー幸せになる方法(お金はそんなに必要ない)


では、どうすればいいのでしょうか?


今回は、わたしが実践していることを4つ紹介していこうと思います。
以下のものです。


  1. 欲求を今できることで代用する
  2. 『好きなこと』をお金を使わずにできないか考えてみる
  3. 身のまわりのお金やものを減らす
  4. 人と比較をしない


これは私に合ったやり方であって、あなたに合うかはやってみないとわからないので、参考程度に見ていただければと思います。

欲求を今できることで代用する


1つ目は、「欲求を今できることで代用する」です。


あなたは、欲求を持っていますか?


ちなみにわたしは、本が好きなのでよく本を買います。
ですが、その本を読んでもいないのに1週間後に、また別の本を買ってしまうことがありました。
あなたもそのような経験をしたことがないでしょうか?


でも、1度冷静になって考えてみてください。
なぜ、本を買うのでしょうか?
本を読みたいからではないのでしょうか?
ということは、1週間前に買った本で十分ではないでしょうか?
じゃあ、新しい本を買う必要はありません。


今できることがあるのにわざわざお金をかけてする必要はありませんよね?
これを今のあなたに置き換えて考えてみてください。


おそらく、たくさん出てくると思います。
何らかの欲求が出てきたときは、「今の欲求を満たせることはここにあるのか?」を考えてから行動してみたください。

欲求をそもそも生まないというのもアリかも

これは少し難しいかもしれませんが、できたら試してみてください。


たとえば、わたしはこの前まで食欲が抑えられなくてコンビニとか学校の購買とかで菓子パンやシュークリームとかを買ってたのですが、今ではそんなことをすることが少なくなりました。


どうやって変えたのかといいますと、『ご飯をよくかんで食べるように』しました。
たったこれだけなのですが、意外とこれで食欲が抑えられて、しかも痩せることができました。


できるかたは、こんな感じで他のことにも応用してみるといいかもしれません。

『好きなこと』をお金を使わずにできないか考えてみる


2つ目は、「『好きなこと』をお金を使わずにできないか考えてみる」です。


たとえば、カラオケです。


カラオケは、個室の空間でみんなで歌ったり飲んだり食べたりをしますよね?
でも、やはりそれなりのお金がかかります。


なのでわたしは思います。


「家で歌を歌っていればいいのに」


カラオケって歌を歌うところなのですから、それって家でもできるわけです。
わざわざ1,000円を使う必要はないですよね。


でも、ここで「おまえは、カラオケの良さがわからないのか?」みたいなことを言っていると、いつまで経ってもあなたの財布の中は空っぽのまんまです。

本は『図書館』、アニメは『アマプラ』


ちなみにわたしの趣味は、読書とアニメなのですがこれはすぐに解決することができました。


本を無料で読みたいなら図書館に行けばいいですし、アニメをみたいなら「Amazonプライム(プライムビデオ)」で見ればすむ話でした。
アニメを見るにはさすがにお金はかかりますが月に250円しかからないですし、自分へのご褒美なのでいいとしています。



1つ目と似ているかもしれませんが、ぜひあなたがお金を使おうとしているときは「これって本当にお金を使わなきゃいけないの?」と聞いてみてください。

身のまわりのお金やものを減らす


3つ目は、「身のまわりのお金やモノを減らす」です。


あなたの身のまわりには、どれくらいのモノが置いてありますか?
そして、財布にはいくら入っているでしょうか?


もし、たくさんあるならそれらを全て最低限必要な量まで減らしてみてください。

部屋が散らかっているとストレスが溜まる


部屋にモノがたくさん置いてあると、ストレスが溜まってしまいそれを解消するためにお金を使っている場合があります。


プリンストン大学(アメリカ)のある研究者によると「人は秩序が保たれてる状態を好み、無秩序の状態だと集中力が削がれ、仕事の生産性が低下する恐れがある。そしてこれがストレスや不安を生む原因になるかもしれない」ということらしいです。


この場合、「無秩序」とは散らかっている状態を指します。


これを解決することができれば、ストレスが生まれる可能性は低くなり無駄にお金を使うということも少なくなるはずです。


なので、まずは部屋の片付けをしましょう。
そのためには、まず今あるモノのなかからいらなそうなものを捨てることをオススメします。
理由は、捨てることで簡単に部屋をキレイにすることができますし何よりそれほど経費がかかりません。


また、物を収めることができていないから漏れ出ているとわたしは考えます。
なので、1度は戻すことができたとしてもいずれまた元に戻ることは目に見えてわかります。
だったら、自分で整頓できない分は捨てた方がスペースにも心にも余裕を持たせることができます。


「では収納ボックスを買ったらどうか?」という手もあるかもしれません。
悪くはないと思いますがわたしは、あまりオススメできません。


なぜなら、さらにお金がかかっていしまいますし、いくら収納ボックスといっても場所を取ることになってしまいます
あとは、もともと散らかっていたのに収納ボックスが置かれて変われるほど人間は器用ではないことも理由の1つです。(体験談です)


なので、あなたが処理できる分だけのものだけを残してあとは捨てるとストレスがたまりにくくなって無駄にお金を使うことも少なくなると思います。


断捨離は、とても気分がいいです。
すぐできるので、休みの日などにやってみてください。

財布にお金がたくさん入っていると使いたくなってしまう


そして、財布にお金がたくさん入っているのも使いすぎてしまうので、あまりよくないです。
たくさん入っていると、「俺(わたし)ってめっちゃお金持ちじゃん」と勘違いしてしまう恐れがあります。


すると、財布にある分のお金を使ってしまう恐れがあります。



なので、財布には欲しいものを買うことができないぐらいのお金をいれておくといいです。
もし、たくさん入れておかなければいけないのであれば、紙幣は1万円札だけ入れておくことをオススメします。


1万円札って、けっこう大きい額なので千円札や五千円札よりも使いづらいと思います。
なので、あえて財布に紙幣は1万円札だけ入れておくのもいいです。

人と比較をしない


最後の4つ目は、「人と比較をしない」です。


人はどうしても他人と比べてしまう生き物です。


たとえばの話です。
「わたしはiPhonXなのに、あの人はiPhone12 Pro Maxだ。ずるい。」「でもあの子は、iPhone8だ。あんなんでいいの?」とか。


わたしにとっては、正直チョーどうでもいいです。
わたしからするとぜんぶAppleの製品なので、最高品質ですし基本的にできることはそんなに変わらないんですけどね。
つまり、わたしは「iPhone8でもiPhone12 Pro Maxを手に入れたことと同じ幸せを感じることができるわけです。


人と比較してしまうと、本当にあなたが必要なものがわからなくなってしまいます。
本当はiPhone8でも十分なのに背伸びをしてiPhone12 Pro Maxを買ってしまうかもしれません。


すると、むだに約7万円以上も払わなければいけなくなります。
7万円って、結構違いますよね?


あなたの幸せのレベルは、他人とは違います。
それならわざわざ他人にあわせる必要はありません。
あわせるとあなたはきっと不幸になります。
なぜならそれはあなたの幸せのレベルにあっていないからです。

お金って何に使ってるの?


最後に「お金を何に使っているのか」について答えてからまとめたいと思います。


結論から言いますと、「本1冊(1,500円)とAmazonプライム(250円)とその他」です。
「それだけ?」と思われるかもしれませんが、先ほどまでの方法のおかげでわたしはこれで満足できるようになりました。


もちろん、本1冊では満足できないのでそのときは図書館に行きます。
図書館なら無料ですしそこで新たな出会いが待っているかもしれないので、とても好きです。


そして、あまり外に出たくないときはアニメをみたり映画を見たりします。
Amazonプライムは、一番安いですし(月500円、学生なら250円)期間によってみることができる作品が変わるのもいいところです。
作品が期間ごとに変われば、みている場所やPCは一緒なのに新しい体験ができるのはとても嬉しいです。

まとめ

ということで、以下の4つに注意しながら生活をしていると、勝手にお金が貯まっていきますしお金が少なくても心が満たされていきます。


  • 欲求を今できることで代用する
  • 『好きなこと』をお金を使わずにできないか考えてみる
  • 身のまわりのお金やモノを減らす
  • 人と比較しない

また、今回少し参考にさせていただいた、著書ひろゆきさんの『お金の話』を以下に載せておきます。

あの2ちゃんねる創設者は、これまで巨額の富を手に入れてきたはずだが、さほど一般人と変わらないような生活をしています。

それはなぜなのか?

そこには、『ひろゆき流お金とのうまい付き合いかた』がありました。
本書では、ひろゆき流のお金に対する、わたしたちにとってはとても新しい考え方が書かれています。

お金とは、誰しもが嫌でも付き合っていかなければいけない唯一無二の相手です。
今知っておけば、今後の人生に大きな利益を与えてくれるのは間違いないでしょう。

さあ、あなたも一緒にひろゆきワールドへ行きましょう!




今、『衝動的に』買っていただくことをオススメします。
本当に変わりたいと思ったときは、すぐに行動することで今後の損失を防ぐことができるかもしれませんから。


ただ、本当にお金がないのであれば今すぐ図書館に行くことをオススメします。



お金を出して読むか無料で読むか。
ちなみにわたしは買いましたが、たしかに1,430円を払って読む価値はありました。
というよりそれ以上払ってもいいと思
ってしまいました


さあ、あなたはどうしますか?


これを閉じたら、あなたが決めた行動を起こしてください。
その行動が、後におおきな意味を持つことは、まわりもわたしもそしてあなた自身も知るよしはありません。


ということで、最後までご覧いただきありがとうございました。
※ちなみにわたしはiPhone8です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました